金融債特集!その種類とは

| 未分類 |

金融債とは、特定の金融機関が発行する債券で、法律に基づいて発行されます。法律としては、長期信用銀行法、外国為替銀行法、農林中央金庫方、商工組合中央金庫方、信用金庫方など、それぞれの金融機関を規定する法律によって定められています。金融機関ではない一般の民間企業が発行する債券とは明確に区別されていて、金融機関のために作られた債券です。ただ、債券としての性質は民間企業が発行するものと大きな違いはありません。

 
種類としては銀行が発行するものと、銀行ではない金融機関が発行するものとに分けられます。過去には金融機関の債券の発行は規制されていて、自由に発行することができませんでしたから、民間の企業が発行するものとは区別されていました。しかし、現在では規制緩和が行われていますから、一般的な債券を発行することができるようになり、普通社債が発行される機会が多くなってきています。金融機関が資金調達をする手法として長らく利用されてきたいのですが、現在では発行量はかなり減少してきていて、現在発行しているものはごく一しかありません。

 
債権の種類としては、定期的に利子が支払われる利付債と、利子の支払いのない割引債の二つがあります。