国債の種類について

| 未分類 |

国債にはいくつかの種類があります。まず半年ごと利子の支払われる頻度によっていくつかの種類に分けられます。固定利付債は、半年に1回決まった金額の利子が支払われるタイプで、変動利付債は市場の金利動向に応じて利子が半年に1回支払われます。
固定利付債の償還期間は2年、5年、10年、20年、30年、40年とあり、さらに3年と5年の個人向けがあります。変動利付債には、満期が15年のものと10年のものとがあります。

 

 

これらはすべて元本は決まっているのですが、元本が変動する物価連動債もあります。物価に連動すると言うことですから、償還のときの物価に合わせて元本が支払われます。

 

uketuke01_l

利付債だけではなくて、割引債もあります。つまり、利子を受け取ることはできませんが、最初から額面よりも安い価格が設定されていて、安い価格で購入する事ができます。

 

 

個人投資家では購入できないものもありますから注意が必要です。例えば、物価連動債は個人では購入する事はできません。現在のところは個人でも購入できるようにするという方向で議論が進んでいます。割引債については、現在でも個人で購入することはできませんし、今後も購入できるようになる予定はありません。