固定金利と変動金利のメリット・デメリット

| 未分類 |

債務の返済は、金利に応じた利息を付けて元金を返していかなくてはなりません。この金利の支払いには2種類の方法がありますが、どちらの支払い方法がいいかは一概ではないため、その時々の金利状況をみて契約する必要があります。

 
金利支払いの手段の一つである固定金利は、完済まで一定の金利で返済を行っていく方法です。メリットとしては、以後金利が上昇しても契約時の金利で支払っていくことができるため、高金利の時代になっても利息負担は感じません。ただ逆に言えば、低金利の時代が来たときにも契約時の金利で支払っていかなくてはいけないため、これがデメリットになる可能性もあります。

 
もう一つの金利支払い手段の変動金利は、一般的には半年のスパンで金利を見直して、その時の金利で支払を行っていく方法です。メリットとしては、金利が景気に左右されるので自身の景気に沿った金利で支払っていくことができるという点です。逆に、高金利時代が続いてしまうと利息負担が大きくなるというデメリットも抱えています。

 
つまり、低金利時代には固定で契約し、高金利時代は変動で契約するのが通例となっています。現在の金利、今後の金利を見通して契約をする必要があるでしょう。