債券の購入から満期(償還)までの流れ

| 未分類 |

債券は株式や投資信託同様、証券会社から購入することができます。

 

インターネット証券も対象になります。

購入すれば、満期までの間に定期的に利息をもらい続け、満期を迎えれば額面金額が償還されます。

何も難しい仕組みではありません。価額が変動しても、額面金額が戻ってくることは約束されています。

お金02

したがって、株式のように元本割れするリスクは少ないものと言えます。

固定利息であれば、買った時点でリターンがほぼ確定します。

長期で比較的安全に稼ぐことが出来る方法です。しかし、発行体の倒産などにより、元本割れすることもあります。

途中で償還されることもあります。発行体がどこまで信用できるかは、格付けをチェックしておくべきです。

特に利息が高い場合は危険です。

日本国債のように、利息の低いものはリターンは少なくなりますが、安全性は極めて高くなります。

 

逆に新興国債や規模の小さい企業の社債は、利息が高いものの、一般的にリスクが高まります。

 

また、途中で自ら売却することも可能です。ただし、その場合も元本割れする可能性があります。また、外貨建ての場合は為替リスクがあります。利息は高いものの、為替変動が大きいと大損失になることもあります。