割引国債の特徴

| 未分類 |

割引国債とは、割引債として発行される国債を指します。

 

利払いはなく、購入するときには額面金額よりも安い価格で購入することができます。償還のときには額面金額で償還されます。ですから、その差額を得ることができるのです。この差額が利子に相当する部分となります。どれだけ割り引かれるのかによって利率がどれくらいにあるのかを計算することは必要となります。現在のところは償還が2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年のものがあります。どれも短期のものです。

お金01
国債ですから、信用リスクは非常に低いと考えられます。政府が発行しているのですから、現金と同じだけの信用リスクだと考えられます。利率の高い現金と考える事もできます。満期まで保有をすれば損失を発生させることはほぼないと考えられます。色々な債券の中で、もっともその可能性が低いです。ただ、中途で売却をした場合には損失が発生する可能性はあります。中途で換金するときの価格は市場で形成されます。

 

ですから、そのときの市場の状況によってはキャピタルロスが発生する可能性があります。例えば金利上昇局面では、元本は安くなるのです。保有するときには、満期まで保有できることを確認した上で購入するべきでしょう。